• ホーム
  • 結婚後のピル使用について

結婚後のピル使用について

元気な人

ピルは正しく服用すれば99.7%避妊することができます。
一日1錠決まった時間に飲むだけ、という手軽さで世界中で1億人を超える女性たちが服用をしています。
ピルに含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンが卵胞の成熟を抑え、排卵を抑制するので確実に避妊することができるのです。
服用初期には軽い頭痛や吐き気などの副作用が出ることがありますが、ほとんどの場合2~3か月すれば治まるものです。
低用量ピルなら副作用も少なく、安心して服用できます。
以前言われていた乳がんのリスクも、最近の見解によるとほとんど問題がないそうです。
避妊は未婚のカップルにおいて重要なものですが、結婚後の夫婦においても必要になるケースもあります。
まだ二人の生活を楽しみたいというものや、経済的にこれ以上子供を作ることはできない等です。
一般的な避妊方法のコンドーム使用ですがこちらは失敗率が2%となっており確実な方法ではありません。
出産を経験した人は子宮内避妊具を用いて避妊することも可能です。
こちらも99.8%と高い避妊率ですが、出産を経験していない人には不向きな上、月経量が増えてしまう可能性があります。
他にも卵子や精子の管をふさぐ手術がありますが、手術が必要になります。
また、ふさいでしまうと元に戻すことが困難になります。
今後妊娠を望む人にはお勧めのできない方法です。
ピルは服用中止後、通常2~3周期で通常の排卵に戻ります。
また卵巣を休ませることにより、良い卵子が育ち、妊娠確立が上がるとの報告もあります。
避妊できるだけでなく、妊娠においてもよい影響を及ぼす可能性があります。
ピルはうまく付き合えば、結婚後の人生の質を大幅に高めるものとなるでしょう。