• ホーム
  • ピルの成分は体に害はないのか

ピルの成分は体に害はないのか

車を運転している女性

ピルに使用されている成分は主にエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンです。
これらの女性ホルモンが経口摂取という形で体内に入ると一時的に女性ホルモンが妊娠中に近い状態になるために避妊と生理周期を安定化させる効果が発揮されるようになるわけですが、しかしこのピルが日本で今一つ普及していない理由としてあるのが安全性への懸念です。
実際過去に使用されていたピルはそれなりに副作用も強い存在でしたから、そうしたイメージを持っている人は今でも少なくないでしょう。
ただ現在主流となっている低用量ピルに関して言うのであれば、体への害というのはかなり抑えられています。
それでもホルモンバランスが変化することによって生じる吐き気や胃もたれ、食欲不振、頭痛といった副作用がでることはありますが、これらの副作用が致命的なものになることはありません。
体質によって副作用が強く出ることはあったとしてもそれで命を落としたり、後遺症が残るといったことはまず無いため、ここは安心して良いでしょう。
ただ注意が必要なのが、ピルが持つ血液を固めやすくする副作用です。
血液が固まりやすくなると血栓症、つまり血液が血管の中で固まって流れを阻害してしまう症状が引き起こされやすくなります。
このリスクも通常の人であれば問題はないのですが、もともと高血圧の傾向がある人や喫煙習慣のある人、過去に血栓症を引き起こしたことがある人などは低用量ピルの服用によって重大な血栓症の発症につながる恐れがあるために服用が出来ません。
こうしたことについてはピルを処方している医療機関に相談することで診断や処方の可否の判断をしてくれますから、ピルを使い始める際には必ず専門医療機関で診察を受けるようにしてください。